MAZDA CAROL 360 (1962)

0

NOREV

マツダ・キャロル 360
1962年にR360クーペに代わる主力車として製造開始。当初は2ドアが、翌年4ドアが発売され、大ヒットしました。
特徴は、軽乗用車でありながらトランクルーム兼用のボンネット、キャビン、車体後部のエンジンルームが外見的に分離したノッチバックスタイルを用い、リアウインドウはガラスを垂直に立てたクリフカット型として、後部座席のヘッドクリアランスとエンジンフードの開口面積を稼ぐ手法を採ったことです。このデザインはイギリスのフォード・アングリアなどの先例がありましたが、日本では珍しい個性的なデザインでした。
360ccながら、水冷4ストローク直列4気筒 OHVのアルミシリンダーエンジンをリアに横置き搭載したRR。ラジエーターは、走行による風圧を利用できないため、エンジン駆動の強制冷却ファンによって側面から冷却気を導入。リアオーバーハングのエアインテークのスリットが特徴のひとつとなりました。
また、このエンジンは、軽合金材料や高剛性の5ベアリングのクランクシャフト、半球型燃焼室とクロスフロー配置の吸排気弁など、当時の小型乗用車と比較しても極めて高水準な設計で、この時代の軽自動車としては非常に贅沢なものでした。

父がR360クーペから乗り換えたのが、このキャロルの2ドアで、私が幼稚園生の頃から小学校低学年の頃まで、うちのファミリーカーでした。
1/43はエブロで4ドアはリリースされていましたが、ずっと2ドアが欲しくて探し続けていたところ、先日ノレブから新しくリリースされていることを知り、即入手。何故今、しかも何故ノレブが?というのは謎ですが・・・。このミニカー、メッキのフェンダーミラーなどディテールまで忠実に再現されていて、とてもよく出来ています(嬉)。

Default
  • File

    ace

    2018/7/29

    セルフエピソードが絡むとイイですね!😆

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/7/29

      ありがとうございます!そう言っていただけるとありがたいです😊

      返信する
  • File

    vinyl

    2020/7/30

    30年ほど前に1964年式4ドアのボロボロキャロルに乗ってました。
    色もこんな感じでした。
    懐かしいですね。
    というか、すごくリアルでびっくりです。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2020/7/30

      コメントありがとうございます。
      1990年代に64年式キャロルは相当目立っていたでしょうね!そういうのってかっこいいと思います👍✨
      このミニカーは、実車に子供の頃乗っていた懐かしさと、ミニカーとしての出来の良さで、思わず購入しました😄

      返信する
  • File

    sat-2019

    2020/7/30

    非常に精巧に作られていますね🙀
    幼稚園時代、特徴的なリアの処理がとてもレアに感じて、帰り道の駐車場でキャロルが停まっているのを見つけると、何かトクした気分になったことを思い出します🙌🏻

    返信する
    • File

      ts-r32

      2020/7/31

      ノレブの1/43はコスパが良いと思います。
      幼稚園時代に見かけられたということは、同世代かもですね😆
      コメントありがとうございます😊

      返信する
  • File

    Kota_kota28

    2020/7/31

    アニメ版「ブラックジャンク」で同期の手塚くんが乗っていましたよね。
    良いデザインで私も好きです。
    実車を間近で見たことは無いですが…
    コメント失礼致しました。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2020/7/31 - 編集済み

      そうなんですねー、ナイスセレクト!👍
      子供時代に乗っていた頃は、R360クーペと比べて後部座席が広いなぁとは思っていましたが、デザインについては、特に意識していませんでした。でも今見るとおっしゃるとおり良いデザインだと思います😄
      コメントありがとうございます😊

      返信する