PORSCHE 930 TURBO

0

AUTOSTRADA

ポルシェ・911
2代目 930型 (1974年 - 1989年)
アメリカの連邦自動車安全基準のバンパー強度規定に従った5マイルバンパーを装着。930型は本来ターボモデルを指すもので、ビッグバンパーであってもNAモデルは1977年モデルまで901型のままでしたが、1978年にはNAモデルも930型となりました。
911ターボ
1975年発売、日本での発売は1976年。
内径φ95mm×行程70.4mmで2,994 cc、圧縮比6.5の930/50型エンジンを搭載、ボッシュKEジェトロニックとブースト圧0.8気圧のKKK製ターボチャージャーで260ps/5,500rpm、35.0kgm/4,500rpm。大パワーに対応するタイヤを納めるべく全幅は1,775 mmに拡大。
トランスミッションは当初4速MT930型。ポルシェは「ありあまるパワーには4速で充分」と説明しましたが、ポルシェシンクロトランスミッションの許容量がターボのトルクとパワーに耐え切れず、やむなく4速にしたというのが通説。
1978年モデルからはカタログ上の名称が、「ターボ」(1978年)、「930ターボ」(1979年)、「911ターボ」(1980年)と変遷していますが、特別大きな変更はありませんでした。

大学時代、同級生の所有するブラウン・メタリックの930ターボを運転したことがありましたが、運転した印象は、”怪物‼”でした。後部座席にも10分程乗ってみましたが、首が痛くなりました(笑)

Default
  • File

    ace

    2018/8/5

    ふぅ〜( ゚д゚)〜ベリグー!

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/8/5 - 編集済み

      ありがとうございます!😊

      返信する