PRINCE GLORIA SUPER 6

0

日産名車コレクション 第34号 (2010年01月06日発売)
アシェット・コレクションズ・ジャパン

プリンス・グロリア スーパー6
2代目 S40型系(1962年 - 1967年)
ワイド&ローのプロポーションを持つフラットデッキスタイルが特徴。ショルダーをぐるりと一周するモールの他、車体随所に多量のモールが施されています。構造面では先代同様のトレー型フレーム、およびリアサスペンションのド・ディオンアクスルを採用。日産自動車との合併後まで生産が続行されました。
スーパー6(S41D-1型)は、1963年6月に直列6気筒 SOHCの「G7型」(1,988cc、105PS)を搭載して登場。国産乗用車として初のSOHCエンジン搭載車であると同時に、小型車唯一の6気筒車でした。

Default
  • File

    bigmac

    2018/9/4

    実車みたいですね!写真の撮り方も良い感じです。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/9/4

      ありがとうございます!😊とても綺麗な仕上がりのモデルに感心させられています✨
      写真は最近この超ワンパターンにはまってます😆自然光なので天候と時間に左右されるのが難点ですが・・・😅

      返信する
  • File

    charlie0215

    2018/9/4

    この車を2台所有している方がいらっしゃり、見せて貰ってましたが、然程大きくなく、しかしシートが織物だったり、モールがきちんとなされていたり、メーターがアメ車なパクりみたいだったり、ボディ造形はプレス泣かせだろうと思わせるようです。
    このミニカーは其れを良く表現してありますよね。
    公道で見なくなりましたね。

    有難うございます。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/9/4

      旧車イベントでは見かけますが、オーナーの皆さん、とても大切にされているようですね。ボディの造形や、やたらモールが多いのは、当時のプリンス会長のリクエストだったらしいです。
      コメントありがとうございました!😊

      返信する
  • File

    ts-r32

    2020/1/24

    2013年、ながのノスタルジックカーフェスティバルで。

    File
    返信する
  • File

    ts-r32

    2020/2/19

    2014年、道の駅たくみの里豊楽館「20世紀頃に造られた自動車物語」で。

    File
    返信する