FERRARI 456M

0

HOT WHEELS
2004 Ferrari Heat 3/5
Designer:Michael Kolins
Wheel Type:5SP

フェラーリ・456M
1992年に登場した456が1998年にマイナーチェンジ、内外装が変更され、456Mと改称されました。FR、2+2のグランツーリスモで6速MT仕様のGTと4速AT仕様のGTAがあります。名称は1気筒当たりの排気量が456ccであることに由来します。
デザインはピニンファリーナ。
新規に開発されたF116型V12エンジンは、5,473cc、442hp/6,200rpm、56kgm/4,500rpmのスペックで、登場時は512TRを凌ぎフェラーリ最高性能モデルとなりました。

Default
  • File

    ace

    2018/9/18

    上品なクーペに派手なフレイムスが面白い!😆
    知り合いのF40オーナーさんが以前乗っておられ、ライトの開閉がすぐ故障するとおっしゃってました😄

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/9/18

      発想が面白いですよね!微妙に痛いけど、ある意味贅沢な😁
      リトラクタブル全盛期はファミリーカーやセダンまでリトラクタブルでしたね!私も今まで2台ほどリトラクタブルでしたが、故障は一度もありませんでした。フェラーリではなかったですが😆

      返信する