'69 COPO CORVETTE

0

HOT WHEELS
2018 Car Culture Circuit Legends 2/5
Designer:Phil Riehlman
Wheel Type:RRPrf yellow hubs

シボレー・コルベット
3代目 C3型 (1968年 - 1982年)
1968年登場。大胆に膨らんだ前後フェンダーとくびれたように見えるボディ中央部がコーラのビンを連想させたことから、“コークボトル”の愛称があります。デザインは、ビル・ミッチェルとラリー・シノダがデザイン・スタディとして生み出したマコシャーク(Mako Shark)が原型で、そのデザインをほぼ踏襲しています。
1969年にはビッグブロックユニットが7,440ccに排気量を拡大。標準エンジンであるスモールブロックユニットも同年に排気量を5,358ccから5,738ccに拡大しています。チューニングを施したLT1ユニットは350馬力仕様に加え、1971年までは高圧縮化で370馬力にまでチューニングされたものが設定されていました。

#RealRiders

Default
  • File

    bei177

    2020/7/5

    このボディラインと太いタイヤがカッコいいですね…😍

    返信する
    • File

      ts-r32

      2020/7/5

      コメントありがとうございます😄
      C3のグラマラスなボディラインをよく再現していてカッコいいですよね!
      ホワイトレター入りのゴムタイヤもポイント高いです👍✨

      返信する