MASERATI TIPO 61

0

KYOSHO

マセラティ・ティーポ61
1959年から1961年かけて23台生産されたレーシングカー。軽量化と高剛性を両立させるべく200本以上のクロムモリブデン鋼管パイプを組み合わせた鳥籠のようなシャシーフレームをもつことから、通称バードゲージと呼ばれました。エンジンは2.9L 直4DOHC。
1960年のルマン24に参戦、1960年と1961年にニュルブルクリンク1000kmで優勝しました。

Default
  • 27878326 1700845943308414 1413871077423054848 n

    与作

    2019/10/18

    ホントにカッコいい✨

    返信する
    • File

      ts-r32

      2019/10/18

      この時代の手作りのレーシングカーは、今の車には無いかっこよさがありますよね!
      京商のこのモデルは、小スケールながらも、ステアリング前方のバードゲージがしっかりと再現されていて👍です。
      コメントありがとうございます😊

      返信する