LAMBORGHINI COUNTACH LP500S

0

KYOSHO

ランボルギーニ・カウンタック
1974年から1990年にかけて製造されたスーパーカー。
Countachとは、イタリア北西部ピエモンテ地方の方言で「驚いた」を表すcontaccの綴りを一部改変したもの。
1971年に発表されたマルチェロ・ガンディーニによる近未来的なウェッジシェイプを体現したデザインは、文字通り世界中に驚きを与えました。コンセプト、デザイン、システムすべての点で異彩を放ち、1970年代後半から1980年代の日本におけるスーパーカーブームの火付け役となりました。

京商のこのモデルはLP500Sとありますが、1982年に登場した4,754 ccの市販車種で323台が生産されたLP500Sではなく、ウォルター・ウルフのロゴマークは省略されていますが1976年に製作されたウォルター・ウルフ・カウンタックの「2号車」で、当時、日本では「LP500S」と呼ばれていたので、LP500Sとしたのではないかと…

https://youtu.be/4AOwBnhq5qs

Default
  • File

    MOYO.

    2019/11/13

    本来はこのウルフカウンタック二号車に搭載されていた5リッターエンジンを、ウルフカウンタック三号車に換装した為に、エンジンを抜かれた二号車にはノーマルの4リッターエンジンが乗せられたとの事ですね。

    なのでネイビーメタリックのウルフカウンタック三号車にはこの二号車の5リッターエンジンが乗ってますね(笑)。

    三号車は今も日本人オーナーの手に有るとの事ですので、一度は見てみたい物です。

    有難う御座いますm(__)m。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2019/11/13

      2号車は4リッターになってしまったのですね!それは知りませんでした😅
      おっしゃるとおり、3号車は日本にあるということなので、見てみたいですよね〜!
      コメントありがとうございます😊

      返信する
  • File

    ts-r32

    2020/2/3

    2013年、東京ノスタルジックカーフェスティバルで。

    File
    返信する
  • File

    db108

    2020/2/3

    スーパーカーの王様ですね!

    返信する
    • File

      ts-r32

      2020/2/3

      ですね!スーパーカーの代名詞的存在ですよね。スーパーカーが人々に驚きをもたらすものであるとすれば、「驚いた」という意味のカウンタックという命名からして、そのものズバリですね😆
      コメントありがとうございます😊

      返信する
  • File

    ts-r32

    2020/7/24

    2013年、サーキットの狼ミュージアムで。

    File
    返信する
  • File

    ts-r32

    2020/7/24 - 編集済み

    2013年、魔方陣スーパーカーミュージアムで。

    File
    返信する
  • File

    Yuki Watanabe

    2020/7/24

    やっぱりカウンタック最高!!!!

    返信する
  • File

    kinggidoko

    2020/7/25

    いつ観てもワクワクするマシンですね。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2020/7/25

      ですね!👍
      コクピットに座ったことはないですが、見た感じ、その着座位置の低さには驚かされます!😃

      返信する
  • File

    tomica-loco

    2021/2/14

    スバルサンバーべースのサンバルギーニコカウンタック

    File
    返信する