ALFA ROMEO ALFETTA GTV

0

KYOSHO

アルファロメオ・アルフェッタ
1972年から1984年まで製造、販売された小型乗用車。
アルフェッタは「小さなアルファロメオ」を意味し、1950年代初頭に活躍したグランプリカー・ティーポ159の愛称から命名されたものです。変速機とクラッチを後輪デファレンシャル直前に配置したトランスアクスル方式とし、バネ下重量が軽くキャンバー変化がないド・ディオンアクスルの後輪サスペンションを組み合わせたシャシー設計。これにより50:50の前後重量配分を実現しています。
1974年に追加された3ドアのGTシリーズは、ジョルジェット・ジウジアーロのデザインで、広いグラスエリアと大人4人が快適に乗車できる居住性が特色です。ダッシュボードはタコメーターだけがドライバー正面、他の計器類はセンターに配置されるという、当時では異色のレイアウト。エンジンは、当初1779ccのみでしたが、1976年に1.6と2.0GTVが追加されました。

https://youtu.be/Gr3Lz7zHdYc

Default