FORD MUSTANG MACH1 1973 JAPAN POLICE

0

PREMIUM X

フォード・マスタング・マッハ1 (1973) パトロールカー
1973年から1984年まで東北道の高速隊に配備されていた栃木県警察本部高速道路交通警察隊のパトロールカー。
現在は鹿沼市にある免許センターに保存展示されています。

フォード・マスタング 2代目(1969年 - 1973年)
1973年のマイナーチェンジでは、フロントグリルのフォグランプが横型から縦型になりグリル開口部が大きくなっています。
デュアルスクープを備えたNASAフードは、標準ではデザインのみで、実際には機能しないアイテムでしたが、ラムエアオプションでは、各スクープ内の真空制御ドアと、エアフィルターハウジングを通ってキャブレターに外気を導入する機能になります。外観上では、クロームツイストフードロックが付き、マットブラックまたはマットシルバーの2トーンカラーのフードとなり エンジンに応じて、フードの両側に351 RAM AIRまたは429 RAM AIRのステッカーが付いています。

このパトロールカーの実車を撮影した際に確認したのですが、フードにクロームツイストフードロックは付いていましたが、ステッカーが付いておらず、搭載されているエンジンが何かは判別できませんでした。以下の記事では429-cubic-inch Cobra Jet V8と断定しているようですが。

https://www.hagerty.com/media/car-profiles/japanese-police-mustang-mach-1/

https://muuseo.com/ts-r32/diaries/39

Default