LAMBORGHINI DIABLO SV

0

TOMICA PREMIUM 15

ランボルギーニ・ディアブロ (1990年 - 2001年)
ディアブロの意味は「悪魔」。伝説の闘牛の名前から取られました。
カウンタックの後継車種で、低い車高とシザードアといったカウンタックの特徴を踏襲しています。初期のモデルはリトラクタブル・ヘッドライトを採用しましたが、1999年のフェイスリフトで日産・フェアレディZ(Z32)と同形式の部品を装備し、固定式ヘッドライトとなりました。この流用は、もともと日本のユーザーが私的な改造として行っていたもので、それを見たランボルギーニの関係者によって正式採用されました。ヘッドライトユニットにはNISSANのロゴがあるため、ライト上部に付けられた眉毛のようなカバーで隠されています。
エンジンは、前期のモデルは5,709ccV12気筒DOHC48バルブ(492ps/7,000rpm)で、後期のモデルは5,992cc(550ps/7,100rpm)に拡大されました。デザインはマルチェロ・ガンディーニによる「P132プロトタイプ」に基づいています。
SV(1996年~1999年)
RWDモデル。ホイールサイズは、フロントが17インチ、リアが18インチ。
1998年にフロント・ホイールサイズも18インチに拡大。

Default
  • File

    ts-r32

    2020/1/29

    2019年、蔵の街サマーフェスタで。

    File
    返信する
  • File

    ts-r32

    2020/7/25

    ヘッドライト、ドア開閉

    File
    返信する
  • Ee2cw67n

    だいちゃん

    2020/7/25

    僕のマシンではないけれど😀

    File
    返信する
    • File

      ts-r32

      2020/7/25

      赤いホイールがお洒落!😄
      写真ありがとうございます😊

      返信する
  • Ee2cw67n

    だいちゃん

    2020/7/25

    そして車種も違うという😀

    返信する
    • File

      ts-r32

      2020/7/25

      ディアブロの大先輩ですね😆

      返信する