NISSAN SKYLINE GT-R (PGC10) 1969

1

KONAMI
絶版名車コレクション Vol.7

日産・スカイラインGT-R
初代 前期PGC10型(1969年 - 1970年)
開発はプリンス時代からS74型として着手されていましたが、発売は日産との合併後の1969年2月でした。ロングノーズの2000GT(GC10型)をベースに、トレッドを拡大、そのためリアホイールアーチがサーフィンラインをカットして上方へ拡大されました。
エンジンは、プリンスR380のGR8型をディチューンして開発されたS20型を搭載。ハイオク仕様で160psを発生しました。排気系には3気筒ずつそれぞれ1本に纏められたステンレス製等長エキゾーストマニホールドが採用されています。
シートはリクライニング機構を持たない合皮張りのバケット型で、運転席側には3点式シートベルトとヘッドレスト、サンバイザーが標準で備わっていましたが、助手席側のそれらはオプションで、さらに、ヒーター、ラジオ、時計、ドアポケットがオプションでした。
「羊の皮を被った狼」のキャッチフレーズはプリンス・スカイライン2000GT-Bから受け継がれました。
設計統括:桜井眞一郎
駆動方式:FR
変速機:5速MT
全長:4,395mm、全幅:1,610mm、全高:1,385mm
ホイールベース:2,640mm
車両重量:1,120kg
総販売台数:832台

Default
  • File

    ts-r32

    2020/2/4

    2013年、クラシックカーフェスティバル in 桐生で。

    File
    返信する
  • File

    MOYO.

    2020/3/14

    私も全く同製品を所有しておりますが、コナミの絶版名車コレクションのモデルは、ダイキャストの下地処理が悪いのか?それともダイキャスト素材の品質が悪いのか、塗装面の荒れが生じている物がやたらと多い気がします。

    私の赤色のPGC10ハコスカGT-Rも、酷く塗装面に荒れが生じております。

    コナミの物は造形は中々良いだけに、そこだけが残念なシリーズです。

    有難う御座いますm(__)m。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2020/3/14

      私もこのシリーズは16台所有していますが、今のところ塗装面の荒れは出ていないようです。
      確かに、他のメーカーと比べると塗りが薄いように感じます。
      経年で荒れてくるのでしょうね。気を付けねば!...といっても気を付けようがないですね😅
      コメントありがとうございます😊

      返信する
    • File

      MOYO.

      2020/3/14

      ts-r32さん。お返事頂きまして誠に有難う御座いますm(__)m。

      これが私の個体です。

      他にも10数台有りますが、個体差は多少有れども殆どの個体に塗装面の荒れが生じて来ています(^_^;)。

      はたしてどうしたものか…

      有難う御座いますm(__)m。

      File
      返信する
    • File

      ts-r32

      2020/3/14

      これは、ちょっと酷いですね〜!😳
      今まで、あまり気にして見たことはなかったので、半世紀前に買ったトミカを確認してみましたが、荒れはなかったです。
      やはりミニカーメインのメーカーと、ちょっと食玩で出して撤退しちゃったメーカーとでは品質に差があるということでしょうかね。
      おっしゃるとおり造形は良いだけに残念ですね😩

      返信する
  • File

    ts-r32

    2020/3/14

    2019年、小美玉オールドカーミーティングで。
    隣はマイ32。まだ30年ですが、50年のトミカより塗装が経年劣化してます(笑)

    File
    返信する