PAGANI ZONDA C12S 2001

0

IXO MODELS

パガーニ・ゾンダ (1999年 - 2010年)
パガーニ・アウトモビリの創始者であり、デザイナーでもあるオラチオ・パガーニ(Horacio Pagani)によって設計され、多くの派生モデルや個人の求めに応じたワンオフモデルが、生産終了が発表された2010年以降も製造されています。
ゾンダとはアンデス山脈からパガーニの出身地であるアルゼンチンへと吹き下ろす風の名前で、「C12」の「C」は妻であるクリスチーナの頭文字で、「12」はパガーニにとって12台目のミッドシップ・プロジェクトであることを意味します。
エンジンはメルセデス・ベンツ製のV型12気筒エンジンをミッドに積み、車両後部の中央に4本出しマフラーが配置されているのが特徴です。
ドイツ製のエンジンを使ったのは、アドバイザーとして起用されたアルゼンチン出身の5度のF1王者、ファン・マヌエル・ファンジオのアイディアです。
C12Sは、AMGチューンのM120型7.0リットルV型12気筒、550馬力エンジンを搭載。0-100km/h加速は3.7秒。2000年から2002年まで製造されました。

Default
  • File

    ts-r32

    2020/2/8

    2013年、蔵の街サマーフェスタで。

    File
    返信する
  • File

    ts-r32

    2020/9/24

    Anija Pagani Zonda
    2014年、蔵の街サマーフェスタで。

    File
    返信する