FORD THUNDERBIRD

0

HONGWELL
Cararama

フォード・サンダーバード 11代目(2002年 - 2005年)
初代モデルを彷彿とさせるレトロ調スタイリングが特徴。プラットフォームはリンカーン・LSなどと共通のDEWプラットフォーム。ボディタイプは、2ドアカブリオレで、乗車定員は初代モデル以来の2名。トップの仕様はソフトトップが標準で、オプションでデタッチャブル・ハードトップが用意されました。エクステリア・デザインは、1999年のデトロイト・ショーに出展されたプロトタイプ「サンダーバード・コンセプト」とほぼ同一で、曲線的なボディラインや丸形2灯式ヘッドランプ、丸形テールランプなどが受け継がれました。
全長:4,732mm、全幅:1,829mm、全高:1,323mm、ホイールベース:2,724mm
車両重量:1,699kg
エンジン:4L V8DOHC NA(最高出力252hp/最大トルク36.8kgm)

Default