TALBOT LAGO

0

HOT WHEELS
1995 Mainline
Designer:Larry Wood
Wheel Type:7SP

タルボ ラーゴ・T150C SS
フランスの車体製造会社フィゴーニ・エ・ファラスキのジュゼッペ・フィゴーニによってデザインされ、サイドウィンドウの形状から、ティアドロップクーペと呼ばれました。Cはコンペティション、SSはスーパー・スポーツを意味しています。1930年代のアールデコの最も煌びやかなボディデザインと評されています。
1937年モデル
エンジン:3,996cc 直列6気筒 OHV ゼニス・ストロンバーグ・キャブレター×3基
最高出力:140bhp/4,000rpm
最高速度:185km/h
変速機:ウィルソン製プレセレクター(小さなレバーで次に使用するギアをあらかじめ選択すると、その後、ペダルを踏むだけで自動的にギアがシフトされる。)
駆動方式:後輪駆動
車重:1,500kg 

現在タルボ・ブランドを所有しているのは、PSA・プジョーシトロエングループであり、このキャストのパッケージカードの裏には、permission of Automobiles Peugeotの記載があります。

Default