FERRARI 328GTB

0

KYOSHO

フェラーリ・328 (1985年 - 1989年)
1985年のフランクフルト・ショーでデビュー。308の後継モデル。ボディデザインはピニンファリーナのデザイナー、レオナルド・フィオラヴァンティが担当。
308と同様、固定ルーフのGTBのBは「ベルリネッタ」を、デタッチャブル・ルーフ(タルガトップ)のGTSのSは「スパイダー」を意味しています。
308シリーズとの相違点は、外観ではターンシグナルやフォグランプを内蔵したフロントグリルが設置されたこと、搭載されるパワーユニットが3,185ccにアップされた90度V8・DOHCエンジンに変更されたことです。車名の「328」は排気量約3,200cc・8気筒のエンジンを搭載していることを意味しています。
ボッシュ社製のKジェトロニックによりマネジメントされるパワーユニットは、ミッドシップに横置きで搭載され、最大出力270ps/7,000rpm、最大トルク31.0kgf·m/5,500rpmを発揮しました。

Default
  • File

    ts-r32

    2020/9/19

    328GTS
    2013年、東京ノスタルジックカーフェスティバルで。

    File
    返信する
    • File

      bamboo1968

      2021/4/14

      うおー! やっぱりカッコイイ!
      フェラーリに限らずこの時代のクルマは魅力的なモデルがいっぱい!
      時を経て熟成されたような(デザインが変わる訳ではないからホントは自分の感覚的なものだろうけど)渋みというか魅力を感じる…それがレトロ感の魅力ってことなのかもしれないけども

      返信する
    • File

      ts-r32

      2021/4/14

      コメントありがとうございます😊
      このGTSはインチアップとローダウンで現代的にアレンジされていて、これはこれでカッコいいのですが、この時代のフェラーリは、やはりノーマルを維持している車両により好感が持てます。

      返信する
  • File

    bamboo1968

    2021/4/14

    カッコイイ! 渋い!
    個人的にはこのくらいの年代のフェラーリが現代のモデルより好きだな〜

    返信する
    • File

      ts-r32

      2021/4/14 - 編集済み

      同感です!デザインに色気がありましたよね😊
      フェラーリに限らずですが、最近の空力至上主義的なデザイントレンドがあまり好きになれません😆

      返信する