RENAULT 8 GORDINI RALLY OF PORTUGAL 1967

0

DEAGOSTINI RALLY CAR COLLECTION vol.36 (2015.2.3)
IXO MODELS

ルノー8・ゴルディーニ
1967年 ラリー・ド・ポルトガル カルピンテリオ・アルビノ/シルバ・ペレイラ
1950年代終わり頃、ルノーは成功をおさめたドーフィンの後継車を検討していました。そして開発されたのがルノー8(R8)です。R8は1962年に登場し、実用性の高さが受けてヒット作となりました。直列4気筒エンジンは排気量956ccで最高出力48馬力に留まりましたが、ファミリーカーとしては十分な性能でした。R8のポテンシャルの高さに気がついたルノーのチューナー、ゴルディーニはデビュー1年後にラリー用のエボリューションモデル(1,108cc/90馬力)を開発し、デビューさせました。エンジンは、最終的には1,300ccにまで拡大されています。
1967年のTAPラリー・ド・ポルトガルは出走52台中完走8台というサバイバルラリーとなりました。結果は、信頼性に優れるルノー8・ゴルディーニをドライブしたホセ・カルビンテリオ・アルビノが苛酷なラリーを制しました。

Default
  • ゴルディーニいいですね、大好きなクルマです。
    そしてこのフレンチブルーがこのクルマには一番似合います!

    返信する
    • File

      ts-r32

      2021/1/17 - 編集済み

      いいですよね!この独特の雰囲気👍
      RRセダンならではの顔つきが堪りません!😆
      市販ゴルディーニ・モデルは、フレンチブルーに2本のホワイトストライプの入ったボディカラーのみだったようですね✨
      コメントありがとうございます♪

      File
      返信する
    • そうなんですね、どおりでゴルディーニには青のイメージがあると思ったら…勉強になりました。
      911、カルマンギア、チンクチェット、RRはみんな顔つきが可愛らしくて好きです🎵

      返信する
    • File

      ts-r32

      2021/1/18

      私も調べてみて初めて知った次第で、こちらこそ勉強になりました😅
      おっしゃるとおり、RRはシンプルな顔つきが可愛いらしいですよね。私も好きです!

      返信する