NISSAN CEDRIC CUSTOM6 1965

0

TOMICA LIMITED VINTAGE LV-94b

日産・セドリック
2代目 130型 (1965年 - 1971年)
初代のアメリカンスタイルに打って変わり、ピニンファリーナデザインのヨーロピアンスタイルとなりました。フローイングラインと呼ばれるフロントからリアにかけて下がっていくラインや、下すぼまりのCピラーが特徴でした。エンジンはH20型4気筒OHV2,000cc (92ps)、J20型6気筒OHV2,000cc (100ps)、スペシャル6はL20型OHC6気筒ツインキャブ2,000cc (115ps、後に130ps)が搭載され、警察向けとしてH30型直列6気筒OHV3,000cc、Y40型V型8気筒4,000ccが搭載されました。足回りは前輪ウィッシュボーン・コイル、後輪リーフスプリング。当初のグレード構成は4気筒の130型にDX、6気筒のP130型にSTD6とカスタム6、H130型スペシャル6。

Default
  • File

    db108

    2021/6/8 - 編集済み

    1960年代後半のクラウンは実車でも見た事がありますが、セドリックは見た事がありませんでした。
    この次のモデルはよく見かけましたが。
    このモデルはとてもあっさりとしたデザインですね。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2021/6/8 - 編集済み

      2代目130型は、ピニンファリーナのデザインが秀逸で、歴代セドリックの中で一番好きなモデルです。
      子供の頃、この車のタクシーには乗った記憶があります。
      この次の次の4代目330型は、初めて運転した車(教習車)でした😆
      コメントありがとうございます♪

      返信する