1964 PLYMOUTH BARRACUDA

0

AUTO WORLD
VINTAGE MUSCLE
PREMIUM SERIES RELEASE 3

プリムス バラクーダ (1964年 - 1974年)
初代 (1964年 - 1966年)
シャーシはクライスラーAボディ。
1964年モデルはヴァリアントの特別車として、よりスポーツ性の高いスタイリングで発売されました。当時としては最大のリア・ウィンドウ・ガラスで構成される大型のファストバックを特徴としていました。フォード・マスタングより2週間早く市場に出されたことで、最初のポニー・カーであるとされています。プリムスの役員は当初、バラクーダを「パンダ」と名づける考えでしが、デザイナー達の反対にあって「バラクーダ」となりました。
エンジン:170ci (2.8L) I6、225ci (3.7L) I6、273ci (4.5L) V8
全長:4,775mm、全幅:1,778mm、全高:1,334mm、ホイールベース:2,692mm
車両重量:1,406kg

Default
  • File

    ts-r32

    2021/2/20

    ボンネット開閉

    File
    返信する
  • File

    tomica-loco

    2021/6/3 - 編集済み

    もし、プリムスがパンダの名前を使っていたらフィアットパンダは世に出て来なかったのかな?

    話は逸れますが
    キャロルとアレッサンドロが犬猿の仲にならなければ
    デトマソ.パンテーラも当初、デトマソ.コブラって名前にする筈だったとか

    返信する
    • File

      ts-r32

      2021/6/3

      コメントありがとうございます😊
      やはり同じ名前は付けられなかったでしょうね。
      フィアット・パンダは、中国市場を意識してパンダにしたようなので、何か別の中華風の名前になっていたかも😆
      デトマソ・コブラですか!
      AC・コブラがあったので微妙でしたね😆

      返信する