JAGUAR XJR-15

0

KYOSHO

ジャガー・XJR-15
TWRがF1のサポートレースとして、ジャガーによるワンメイクレースを企画、そのための車としてジャガーブランドで1990年から1992年にかけて、53台が開発・製造されました。公道走行が可能なスポーツカーでありながら、ジャガーの純レーシングカーに与えられる「XJR」の型番が付けられた車となりました。デザイナーは、トニー・サウスゲート。
エンジンは6L V12 SOHCで、450馬力を発生。
1991年にはXJR-15によるワンメイクレースがモナコグランプリ、イギリスグランプリ、ベルギーグランプリと3戦開催されました。
日本には少なくとも1台が並行輸入されたようです。

Default
  • File

    ts-r32

    2021/6/14

    2013年、魔方陣スーパーカーミュージアムで。

    File
    返信する
  • File

    ts-r32

    2021/6/14

    https://youtu.be/Nrh2_1TIGs0

    返信する