FERRARI F40

0

BBURAGO

フェラーリ・F40 (1987年 - 1992年)
1987年にフェラーリ創業40周年を記念して製作。最高速度324km/hは、当時の市販車で世界最速。エンツォ・フェラーリがその生涯の最後に、同社の「そのままレースに出られる市販車」という車作りの基本理念を具現化した車。ボディデザインはピニンファリーナによるもの。
スペチアーレとしては製造期間が長く、改良が順次行われたため前期型・後期型と区別されることもあります。吸排気系が異なるほか、後期型では車高調整機能が備わります。
パワートレインは288GTO、288GTOエヴォルツィオーネから引継ぎ、改良を加えたインタークーラー式ツインターボエンジン、F120A型を搭載。このエンジンはランチアのグループCカーであるランチア・LC2のデチューン版であり、ターボチャージャーは石川島播磨重工(現IHI)製。排気量2,936ccは当時のFIAが定めたターボ係数1.7を掛けて5,000cc以下のクラスに収まるようにしたものと言われています。

エンジン:Tipo F120A型 2,936cc V8 DOHC ツインターボ
最高出力:478ps/7,000rpm
最大トルク:58.5kgm/4,000rpm
変速機:5速MT
サスペンション:ダブルウィッシュボーン
全長:4,357mm、全幅:1,970mm、全高:1,124mm、ホイールベース:2,450mm
車両重量:1,250kg

Default
  • File

    db108

    2022/1/30 - 編集済み

    大きなリアウイングが特徴的ですね。
    カッコイイです。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2022/1/30

      息子が子供の頃、気に入って買ったようです。
      ブラーゴはホイールを共通化しているのでリアルさに欠けますが、ボディの造形は良いですね。
      コメントありがとうございます♪

      返信する