1965 SHELBY GT350

0

GREENLIGHT
Shell Oil Service Center

シェルビー・マスタング
1965 GT350
1964年、マスタングの製造、販売開始に伴い、フォードはマスタングの販売促進のため、SCCAのロードレースに参戦。ファストバックをベースにしたロードレース用のハイパフォーマンスモデルの開発をシェルビーに委託し、GT350が生まれました。
ボンネットはFRP、レース用LSD、サスペンションもレース用に強化、エンジンは289ci(4.7L)のフォードウィンザーエンジンのハイパフォーマンスバージョンをシェルビーがチューニングし、最高出力は309hp/6000rpm。
遮音材、制振材、ヒーター、パワーステアリングなどは排除し、軽量化のためアルミケースのトランスミッションや、重量配分を考慮してバッテリーがトランクに、スペアタイアが車内に移動されました。またホモロゲーションが2座席車であったことから、リアシートは取り除かれました。
外見的なマスタング・ファストバックとの差は、フロントグリルとサイドのバッジとボンネット中央のフードシェイカー、給油口のコブラのエンブレム。ボディカラーは白のみで、オプションで青いストライプを入れることができました。

Default
  • File

    ts-r32

    2022/05/14

    ボンネット開閉

    File
    返信する
  • File

    toyochan10423

    2022/06/07 - 編集済み

    シェルビーってメタリックブルーに白の2本ストライプだと思っていたのですが、こういうカラーもあるんですね❗
    このカラーリングもカッコいいですね👍️
    ピートブロックデザインのデイトナコブラクーペが大好きです。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2022/06/07

      GT350はホワイトのみでオプションでブルーのストライプを入れられたようですので、これは純正のカラーリングではないですね。

      デイトナは、おっしゃるとおりのカラーリングしか見たことがないかもしれません。

      File
      返信する