ウエストワールド

1

Westworld
監督:マイケル・クライトン
出演者:ユル・ブリンナー、ジェームズ・ブローリン
公開:1973年11月21日
製作国:アメリカ合衆国

小説家、マイケル・クライトンの初監督作品。
巨大遊園地「デロス」に遊びに来た主人公2人は、テーマパークの1つ「ウエストワールド」で憧れの西部劇ヒーローになりきり、アトラクションとしてアンドロイドを相手にした銃撃戦や女たちとのロマンスを大いに楽しんでいました。翌日、2人の前に再三倒したはずのロボット「ガンマン406号(ユル・ブリンナー)」が現れ、決闘を申し込んできました。ロボットは人間を撃てず、人間は自由にロボットを撃つことができ、絶対に勝てる勝負のため、彼らは当然受けて立ったのですが・・・
ユル・ブリンナーは「荒野の七人」のクリスの出で立ちで登場します。

Default
  • File

    ace

    2018/7/14

    小学生の時、テレビで観て衝撃でした😄

    返信する
    • File

      ts-r32

      2018/7/14

      私も小学生の時で同じく衝撃でした😄当時は、キャストには関心がありましたが、スタッフにはあまり関心がなかったので、ジュラシックパークを見た時に、ウエストワールドのマイケル・クライトンだということに思い至りませんでした😅

      返信する
    • File

      ace

      2018/7/14

      あぁ、基本同じかも…😅
      アンドロメダ病原体やツイスターもこの人ですよね😆どれもパニック系…

      返信する
    • File

      ts-r32

      2018/7/14

      確かに!😄アンドロメダは見てませんが、ツイスターは見ました。70年代はパニック映画と言ってましたが、90年代には、ディザスタームービーと呼んでましたね。どっちでもいいですが・・・😆

      返信する
    • File

      ace

      2018/7/15

      災害映画ですか😅
      日本語英語の修正もネットによるグローバル化の影響ですね😆

      返信する
    • File

      ts-r32

      2018/7/15

      ですね😄

      返信する
  • File

    woodstein

    2019/3/24

     1970年代になって、本作、「SF最後の巨人」「未来世界」で見せた役回りは、それまでのユル・ブリンナーのキャリアとはかなり異質であるようです。どんな心境の変化があったのでしょうか。

    返信する
    • File

      ts-r32

      2019/3/25

      そうですね。歴史モノっぽい作品が多かったのが、現代モノ「エスピオナージ」を経て、未来に飛んで行ったような😃
      「未来世界」は「ウエストワールド」の続編でしたね。
      コメントありがとうございます😊

      返信する
  • File

    bamboo1968

    2020/12/19

    個人的好みですけど、ポスターに写真じゃなくてイラストを使用してあるのってやっぱりいいなあ

    返信する
    • File

      ts-r32

      2020/12/19

      確かに!写真より味わいがありますよね~。
      コメントありがとうございます♪

      返信する