LEGENDS CADZZILLA(1/2)

0

Cadzzilla
HotWheels Legends Series - 2car Set

〈HotWheels Legends 2car Set〉
レジェンドシリーズには「4car Set」の他に「2cat Set」もあります。2car Setの特長は同じカラー、同じモデルの車両「1/64」「1/24」の2台で1setとなります。今回は1/24サイズを全2回に分けて紹介します。
※1/64スケールはLegends "CUSTOM RODS"にカラーを含めて準じるため割愛します(ナンバープレートは違います)。

〈Cadzzilla〉
米国ロックバンド ZZ TOPのビリー・ギボンズ氏がオーダーしたキャデラック。デザインは元GMデザイナーのラリー・エリクソン氏。'48年型キャデラックをベースにフルカスタムされたCADZZILLA(キャジラ)で多くの職人技で作られた美術品とも言える美しいデザインなのが特長です。ちなみに'48年型シリーズ 62キャデラック(2ドアセダン)は4,764台しか製造されていません。その内の錆の無い程度の良い1台がドナー車としてアリゾナ州からBOYDのガレージに運ばれました。
デザイナーのラリー・エリクソン氏はストックボディをベースに高年式モーターを積んだモノをデザインされましたボディもストックフレームを活かした作りを想定したカスタムだったようです。しかし、オーダーしたビリー氏が望んでいたカスタムキャデラックでは無かったようで、ハードカスタムに変更されました。実際出来上がったCADZZILLAをみれば、ラリー・エリクソン氏の才能を信じ、車に彫刻的な美しさに変えさせたビリー氏の采配は凄いですね。
そんな経緯で誕生したCADZZILLA。'89年にBOYDのガレージから出て、Hot Rod Super Nationalsまでの2200マイルのクルーズを含む多くの出演を行いました。ひと通り全米を回った後、伝説を作ったCADZZILAは、しばらく行方不明になります。実はビリー氏のガレージに眠ってました。そして、'05年に復活を遂げて、なんと日本のショウ(HCS)にて世間の前に再登場します。その後はイギリスのGOOD WOODや米国ピーターセンミュージアムなど色んな方々に楽しませてくれています。
現車はHW Legends 2car Setの1/24サイズとなります。サイズを活かした作り込みと芸術品のようなボディを見事に再現しています。室内はクリーンなオフホワイトの内装やキャデラック 500ci E/Gも再現されて、それぞれ、スーサイドドアやチルトトップカウル越しに見て取れます。そこに、'05年にビリー・ギボンズ氏が来日した際に現車のルーフに氏のサインを頂きました。
そんな特別なHW Legends "CADZZILLA"を堪能して下さいませ。

※全2回に分けて紹介しています。2回目はメカニカルセクションを紹介です。
https://muuseo.com/twinmill/items/1343
※LEGENDS CUSTOM RODSのCADZZILLAはこちら。
(製作会社のBOYDとボディカスタムについて記載)
https://muuseo.com/twinmill/items/1019

LEGENDS CADZZILLA(2/2)
Cadzzilla HotWheels Legends Series - 2car Set 〈HotWheels Legends 2car Set〉 レジェンドシリーズには「4car set」の他に「2cat set」もあります。2car setの特長は同じカラー、同じモデルの車両「1/64」「1/24」の2台で1setとなります。今回は1/24サイズを全2回に分けて紹介します。 ※1/64スケールはLEGENDS CUSTOM RODSにカラーを含めて準じるため割愛します。 〈Cadzzilla〉 米国ロックバンド ZZ TOPのビリー・ギボンズ氏がオーダーしたキャデラック。デザインは元GMデザイナーのラリー・エリクソン氏。'48年型シリーズ62キャデラック2ドアセダンをベースにフルカスタムされたCADZZILLA(キャジラ)は多くの職人技で作られた美術品とも言える美しいデザインなのが特長です。 今回はメカニカルセクションについて記します。まず、シャシーエキスパートのLarry Sergejeffがカスタムスチールフレームを製作し、'85コルベットステアリングシステム&フロントサスペンション、ディスクブレーキ化、Koniコイルオーバーショックというメニューです。ホイールはヴィンテージのキャディキャップに似せるように設計された22インチの2ピースのビレットアルミホイールというトリック。E/G担当のアートクリスマンは、Cadillac 500 CI V8E/Gにスムーズでキャデラックの乗り心地を与えるためにいくつかの機能拡張を加えました。ホーリーの燃料噴射セットアップを適合させ、専用の排気ヘッダーを製作。トランスミッションはGM Hydra-Maticとなります。また低く長い後ろを段差乗り越え時に擦らないようにウイリーバーをさり気なく仕込んでいるのもポイントです。 スーサイド化したドアを開ければ、クリーンなオフホワイトの内装。オリジナルのダッシュを尊重し、存在感をより一層深めています。シャシーのセットアップ、E/Gを含めた機器類。専用デザインの内装と言い、隙の無い美しい仕上げを魅せています。オリジナルの'48年型キャデラックを信じられないほどの自動車彫刻に変身させたCADZZILLA 。 現車はHW LEGENDS 2car setの1/24サイズとなります。上記の内容が手に取るように解る作り込みと芸術品のようなボディを見事に再現しています。そこに'05年に来日した際に頂いたオーナーでもあるビリー・ギボンズ氏のサインをルーフに添えました。 そんな特別なHW LEGENDSの"CADZZILLA"を堪能して下さいませ。 ※全2回に分けて紹介しています。1回目は誕生背景の紹介です。 https://muuseo.com/twinmill/items/1342 ※LEGENDS CUSTOM RODSのCADZZILLAはこちら。 (製作会社のBOYDとボディカスタムについて記載) https://muuseo.com/twinmill/items/1019
https://muuseo.com/twinmill/items/1343
LEGENDS CUSTOM RODS (1/4)
Custom Rods / Cadzzilla HotWheels Legends Series - 4car Set 〈Custom Rods Car Set〉 "LEGENDS"とシリーズ化する前に発売された米国カスタムメーカーで有名だったボイド・カディントンが手掛けたカスタムカーの有名車をSetしたモノとなります。 ボイドは "Hot Rods by Boyd" のブランド名で有名なカスタムメーカーで、基本的には過去の車を現代のデザイン思想に融合させたハイテック・カスタムが得意とし、ワンオフモデル系が多く、いわゆる昔のコーチビルダー的な存在です。また、チップ・フース氏やラリー・エリクソン氏等、デザイナーを有名にしてブランドイメージを高めたりしました。代表のボイド・カディントン氏は逮捕されたり、経営破綻したり、亡くなった時(死因不明)まで何かと話題になりましたが、氏がいなかったらワンオフカスタムの需要と供給の復活は難しかったと私は思ってます。そのHot Rods by Boydを代表とする4台の有名車がこのSetとなります。 ※BOYD LEON CODDINGTON(1944-2008): Hot Rodデザイナー、経営者 LEGENDS CUSTOM RODS このLEGENDSシリーズが誕生する前に米国カスタムメーカーで有名だったボイド・カディントンが手掛けたカスタムカーの有名車をSETしたモノです。よってLEGENDSの名前はありませんが、専門書ではLEGENDSの扱いとなってます。 ボイドは「Hot Rods by Boyd」のブランド名で有名なカスタムメーカー(日本ではビレットパーツやホイールで有名)で、基本的には過去の車を現代のデザイン思想に融合させたハイテック・カスタムが得意とし、ワンオフモデル(ハイダラー系モデル)が多く、いわゆる昔のコーチビルダー的な存在です。また、チップ・フース氏やラリー・エリクソン氏等、デザイナーを有名にしてブランドイメージを高めたりしました。代表のボイド・カディントン氏は一時は逮捕されたり、経営破綻したり、亡くなった時(死因不明)まで何かと話題になりましたが、氏がいなかったらワンオフカスタムの需要と供給の復活は難しかったと私は思ってます。そのHot Rods by Boydを代表とする4台の有名車がこのSETとなります。 ※BOYD LEON CODDINGTON(1944-2008): Hot Rodデザイナー、経営者 〈Cadzzilla〉 米国ロックバンド ZZ TOPのビリー・ギボンズ氏がオーダーしたキャデラック。デザインは元GMデザイナーのラリー・エリクソン氏。'48年型キャデラックをベースにフルカスタムされたCadzzilla(キャジラ)。ラリー氏はフロント周りから、どうやって後ろまで流れるラインを今('90年代当時)の技術を持ってデザインするか?特にフロントウインドーガラスの処理が当時はカットや流用しか無く、それでは綺麗なラインが成形出来なく悩んだそうです。そこにビルダーのクレイグ・ナフ氏が「好きなラインをデザインしろ!俺が何とかする」と力強い言葉があり、当時では画期的なワンオフのウインドーガラスにて綺麗なルーフラインが誕生した逸話があります。そしてついに完成したCadzzilla。名前の由来はCadillac、ZZ Top、Godzilla(ゴジラ)の合わせた造語。ナンバープレートが「I8TOKYO」と言う「東京を喰うぞ!(I ate TOKYO)」がゴジラを想像させます(別の解釈もあります)。ちなみに同じLEGENDSの2CAR SETのモノとはナンバープレート色が違います。 そんなCadzzillaを1/64のHotWheelsで類の無い美しい車両を堪能して下さい。 ※添付映像はZZ TOP「My Head's In Mississippi」のOFFICIAL MUSIC VIDEOです。Cadzzillaがチラホラ登場します。 https://m.youtube.com/watch?list=PLaFHewP8K7d9Dy8SwDdixeRLokkBBZ_2e&v=0968f0VWvd8
https://muuseo.com/twinmill/items/1019

Default
  • File

    ace

    2018/7/8 - 編集済み

    うわ…😳…マビか…
    https://m.youtube.com/watch?v=j-T9RGXnSwo

    返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2018/7/8

      へへへ😁。
      解る人には解るサインです😁。本物です。
      実は’05年のHCSにCADZZILLAと共にシレ〜っと来日されました😁👍。
      コメントありがとうございます!

      File
      返信する
    • File

      ace

      2018/7/8

      ここにきて幾度となく「羨ましい!」と感じるアイテムを拝見してまいりましたが、今回はぶっちぎりです😫

      返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2018/7/9

      へへへ。好きな方には自慢出来るアイテムです。
      実際、HWのカスタムショウに一度、持ち込んだのですが、凄い好評でした😁。
      ビリーさんは意外と気さくなでお茶目な方です。
      あのビリーさんがいつも被っているドレッドヘアー帽子。ずっと探しているんですよねー。
      スミマセン。話が逸れました😅。

      返信する
    • File

      ace

      2020/3/28

      PVの冒頭で出演してました✨
      https://www.youtube.com/watch?v=XJP8wVoTufg

      返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2020/3/29

      コメントありがとうございます!
      やはり、車は動く姿は良いモノです。実感が湧きます😁👍。
      にしても、カッコいいなぁ〜。車も曲も本人も。。👍。

      返信する
  • File

    SIDEKICK

    2018/7/8

    怪物キャデラックというより、キャデ・アート。芸術品だ。

    返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2018/7/8

      コメントありがとうございます!
      ‘48年型のCaddyをベースにラリーエリクソン氏がデザインしたモデルです😁👍。
      ベース車はあるものの、ほとんどがワンオフパーツだらけ。。。仕上げも超一流。
      それは美しくため息が出ます。。。😌
      https://m.youtube.com/watch?v=5FLgwh33_KA

      返信する
  • File

    SIDEKICK

    2018/7/8

    蛇足ですが、こちら "COPZZILLA"

    File
    返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2018/7/8

      😳❗️

      返信する
  • File

    ts-r32

    2018/7/8

    なんと優美なスタイリング!そして、その魅力を120%引き出すフォトテクニック‼

    返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2018/7/9

      コメントありがとうございます!
      本当、綺麗なスタイリングですよねー。HWも実車の雰囲気と繊細さを上手く表現されているかと思います。実車を見た時に写真を撮ったのですが、ハッキリ言って今回の方が実車を撮るより上手く撮れてます😁👍。

      返信する
  • おぉっ、思わず唸っちゃいました。
    ミニカーよりこのフォト、このテクニックが欲しいです。
    特に3枚目と4枚目はポスターにして部屋に貼りたい❗

    返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2021/1/7

      コメントありがとうございます!
      結構、普通の撮影方法だったりします😅😅。レジェンドシリーズの場合、黒画用紙バックに自然光でi-padでパシャパシャと。あと色合いのイメージを実際に近づける為のチョコっと画像編集って感じですね。。。
      ただ、一回の撮影枚数は多いと思っています(レギュラー撮影の時より何倍の量😅)。その中から魅力的な角度を厳選してお届けしています😁👍。

      返信する
  • File

    NiCky_Custom

    2021/1/7 - 編集済み

    流石!ギボンズの兄貴
    やってくれますなぁ〜😀

    ホンダZのCMに出てましたね
    https://youtu.be/uaSbUg9pTE0

    返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2021/1/8 - 編集済み

      コメントありがとうございます!
      いやぁ、懐かしいCMですねー😁👍。改めて観ると、ちゃんと日本語を歌ってる😂。楽曲もZZ TOPらしくカッコいいですよねー👍。
      ホンダZもボクシーでカッコいい👍。何度も見ちゃいます😁。

      返信する