フィアット X1/9 ダララ

0

NO.F18 フィアット X1/9 ダララ
トミカダンディ 外国車シリーズ

トミカダンディは1972年に「大きいトミカ」として登場しました。その大きさを活かして多数のギミックを搭載しているのが特徴です。1978年には大きさを世界統一基準である1/43に統一。1993年までシリーズは展開されました。

現車はグループ5を視野に入れ開発され、1975年パリ・オートサロンにて発表。その2nd Ver.で排気量、出力共にUP。サイドにダクトがあるのが特徴です。このレース仕様のデザインもベルトーネ時代のマルチェロ・ガンディーニ氏によるもの。生産台数は最終的に30台。ちなみにトミカダンディの表記ではダララですがダラーラが正しく、設計者のジャン・パオロ・ダラーラ氏から来ています。

Default
  • File

    nocturnalclan

    2020/2/19

    やっぱりダンディは良いですねぇ~
    (。・ˇ_ˇ・。)

    返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2020/2/20 - 編集済み

      コメントありがとうございます!
      この頃のダンディはダイヤペットに押され気味。。。😅。でも、今はダイヤペットよりダンディの方が良いかと思います(個人的意見です)😁👍。
      これらのダンディもトミカ同様、リアルタイム入手or戴きモノです😁。
      球数は少ないので、細々と更新していきます。。。🙇‍♀️

      返信する