AUTOGRAPH SHEET “VOLTALRE”

0

07年HWカスタムカーショウ日本
※グラフィックデザイナー ヴォルティア氏 サイン入り
※イベントモデルは下記にて公開中です。
https://muuseo.com/twinmill/items/154
https://muuseo.com/twinmill/items/473
https://muuseo.com/twinmill/items/476

HOTWHEELS CUSTOM CAR SHOW JAPAN 2007
HotWheels Custom Car Show Japan 2007 Dinner Model ・Deady Hearse(1963 Cadillac Fleetwood) ・Chi-Chian Worm Wrangler(Dairy Delivery) ※グラフィックデザイナー ヴォルティア氏 サイン入り ※2007年に開催されたHWカスタムカーショウ(日本)では社外デザイナーのヴォルティア氏が記念モデルのグラフィックを担当しました。しかもミニカーが専門では無い方なだけに大胆な構成や色使いであったりと氏の世界観全開なモデルです。 ※'63 キャデラック ハース(手前)は、全周にヴォルティア氏らしい髑髏が描かれ、ウィンドー、室内、ホイールまで紫色と言うセンス。ウインドーガラスは大きく割れているのがポイント。ライトレンズ類のカラーリングも独特。氏ならではのディテールを持ったハースです。ちなみに限定数としては3,000Setですが、米国のGM社がこのハースのカラーリング(髑髏)がNGのようでギリギリまで交渉し「日本だけなら」と販売許可がおりました。結果1,500Set限定となったモデル。更に現品はディナーステッカー付きモデルの為、更に数は少ない仕様となります。 ※デイリーデリバリー(奥側)は、100%シリーズでは無く、レギュラーベースとなります。特長として氏のキャラクター、チーちゃんが描かれています。しかも外国人にとって“カタカナ”“ひらがな”はCoolに見えるらしく、このモデルにも「チーちゃん」と日本語で描かれ、賛否が別れるかも知れないモデルですが、今となっては「あり」なグラフィックかと思っています。また、シングル仕様もあり、こちらはホイールやグリル、ガラス色が違います。 https://muuseo.com/twinmill/items/473 ※ヴォルティア氏のオートグラフはこちらで公開中。 (その他アートワークもご覧になれます) https://muuseo.com/twinmill/items/474
https://muuseo.com/twinmill/items/154

Default
  • File

    TWIN−MILL

    2017/8/24 - 編集済み

    〈補足〉
    ヴォルティア氏は社外デザイナーなので、HWのデザイナーと違ったアプローチが新鮮です。
    ※HWロゴ入りは1枚目のみなので、まとめて公開しました。

    返信する