LEGENDS VINTAGE RECORD HOLDERS (4/4)

0

Vintage Record Holders / 1960 Mickey Tompson "Challenger 1"
HotWheels Legends Series - 4car Set

〈Vintage Record Holders Car Set〉
'50s〜'60sの米国モータースポーツ界に名を残した有名車両のSET。
それらはドラッグレース、NASCAR、最高速、Indy等、いかにもアメリカのモータースポーツカルチャーの象徴的なジャンル選択です。また、各車両の共通でボンネット(E/Gフード)が開き、E/Gのディテールが拝見出来ます。
HWレジェンドシリーズならではの高品質な再現力から、その歴史を感じて下さいませ。全4車種/4回に分けて紹介します。

〈1960 Mickey Tompson "Challenger 1"〉
Challenger 1は1960年にボンネビルで406.6mph(約650km/h)で当時の世界記録を樹立した車両です。
スーチャ付きポンティアック製E/Gを4機搭載。前側のE/Gで前輪を、後側のE/Gで後輪を駆動させたAWD(4WD)。と言うモンスター(なのでE/Gの向きが対面)。シフトリンケージが物凄く複雑だそうです。
Mickey Thompson氏はドライバーでもあり、アイディア豊富なビルダーでもあったので、この様なモンスターが誕生したと言われています。そして現車はナチスのドイツ自動車連合が保有する複数のFIAスピード記録を取り戻された。米国ではトンプソン氏はヒーローなのです。
ちなみに名前からタイヤメーカー(M/T)を思い出しますが、もちろんこの方です(笑)。50年代後半に会社を設立。ポンティアックE/Gのアフターパーツを売り始めました。タイヤ製造は63年からで当時はIndy用が主だったようです。
そんなアメリカ人初の400mphを樹立した車両をHWレジェンドで堪能下さいませ。

Default
  • File

    ace

    2017/8/28

    動力伝達の方法が知りたいです😃

    File
    返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2017/8/28

      コメントありがとうございます!
      E/Gの搭載は本文参照。動力伝達方法は1機1機は普通にトランスミッション、デフ(クイックチェンジ付)をかえしてドラシャに繋がっている様です。なのでT/Mやデフも4つあります。
      あ〜説明が難しいです(笑)。

      返信する
    • File

      ace

      2017/8/28

      ありがとうございます😝

      返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2017/8/28

      現車のシャーシがビスで固定されているだけなので、ビスを取ってみたもののエキパイが噛んで外れませんでしたー。これ以上は破損が怖いのでスミマセン。。。
      リアルなプラモもあるみたいなので欲しくなっちゃいました(笑)。燃料タンクも4つあるらしいです。

      返信する
    • File

      ace

      2017/8/29

      わぁーーー、そこまでして頂いてごめんなさーい🙏
      後は自力でがんばりまっす👍

      File
      返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2017/8/29

      私もこの画像から推測しました(爆)。E/Gの搭載向きが解れば、大体検討がつきます。

      返信する
    • File

      ace

      2017/8/29

      😄

      返信する