JAGUR XJ13

0

Jagur XJ13
100% Hot Wheels Series

※60年代にル・マン24時間レース参戦を目的として開発し1967年に誕生し、ジャガー初のV型12気筒エンジンをミッドシップマウントしたレースカー。美しいフォルムはアルミ製でデザインはC/D/Eタイプの開発に携わったマルコム・セイヤー氏とマイク・キンバリー氏。一連のデザインの共通性が感じ取れます。リヤウインドウから見える5リッターV12気筒E/GはXKのエンジン2基を1本のクランクシャフトで繋ぎ合わせ作られ最終的に500馬力以上誇ります。ただ、開発終盤に起きたレースレギュレーション変更に伴い開発中止。結局、1台のみの製作に終わりました。その後、クラッシュも経験していますが完全修復されジャガー本社に保管されています。

Default
  • File

    nonstop24hours

    2018/11/9

    これ良いですね。スタイルがエレガントです。

    返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2018/11/9

      コメントありがとうございます!
      一連のXJシリーズの中でも、エレガントなレースカーですよね😁👍。エレガントなボディにリヤ窓から見えるV12エンジンがたまりません!😁。

      返信する
  • File

    さるら。

    2018/11/9

    おおっ、カッコイイ!

    返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2018/11/9

      良いですよねー😁👍
      メッキボディのせいか、未来感すら感じ取れます👍。その中、内装が赤と言うのが個人的にはGoodです!👍。
      コメントありがとうございます!

      返信する