GM LEAN MACHINE

0

GM Lean Machine
Final Run Series

※GM Lean Machineは、1980年代初めに環境改善コンセプトカーとしてGMのFrank Winchellによって開発されました。シングルシートでフルカウル、3輪の乗り物は車の安定性を保ちながら、オートバイのようにコーナーで傾くので「リーン・マシン」と命名されました。搭載されるのは15馬力の2気筒オリジナルE/G。1ガロンで200マイル移動出来るそうです。
※実車の開発映像です。1'38''辺りから登場します。
https://m.youtube.com/watch?v=hquV8QB8xtk

Default
  • File

    塚原ユズル

    2018/2/27

    リーンマシーン!

    返信する
    • File

      ace

      2018/2/27

      って名前なんですねっ!😆

      返信する
    • File

      塚原ユズル

      2018/2/27

      気になってて名前覚えてました😅

      返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2018/2/28

      塚原さま aceさま
      コメントありがとうございます!
      最近、ミューゼオをやりながら、落ちてしまってます💤。
      最初は単なる謎車だと思ってましたー。そしたらGMのコンセプトモデル!
      リーンマシーン。80年代風味の名前、覚えました😁👍。

      返信する
  • File

    realminiature

    2018/2/28

    これもいいですねー。すきな形です!

    返信する
    • File

      TWIN−MILL

      2018/2/28

      一見、謎車に見えますが当時のGMが研究していた答えの一つ。ピザ屋のスクーターとどっちが早く登場したのか調べてませんが、別の国で形(市販)になっていると思うと深いモノがあります😁。
      ちなみに映画にも登場する予定だったらしいです(結局、未公開になったようです)。
      コメントありがとうございます!

      返信する