Rubber Soul

0

●My item data
[Title] Rubber Soul
[Release] 1965/12/08
[No] T-2442
[Matrix] T-1-2442-G-8 / T-2-2442-G-6
[Mix] Mono

https://www.discogs.com/ja/The-Beatles-Rubber-Soul/release/4196087

Default
  • File

    利右衛門

    2021/6/6 - 編集済み

    収録曲が違う…と話には聞いておりましたが、「Drive My Car」「If I Needed Someone」「What Goes On」が収録されてないんですね😳
    随分雰囲気変わりますね〜。

    わたし的には大好きな「Drive〜」「If I〜」が予選落ちしていてショックを隠しきれません😅

    返信する
    • A面1曲目が "夢の人" のRubber Soulは違和感しかありません。😅

      返信する
    • File

      利右衛門

      2021/6/6

      あはははは、本当に違和感極まりないです(笑)

      返信する
  • File

    Naokeith

    2021/6/6 - 編集済み

    この曲順のこのラバーソウルを聴いて、ブライアンウィルソンが打ちのめされてぺットサウンズを制作したのは有名な話ですよね。

    なので僕はUKのラバーソウルよりこれの方が大事なのです。

    返信する
    • そうなんですか?
      すごい話ですね。

      返信する
    • File

      Naokeith

      2021/6/6

      なんかそう思って聴くとこのUSのバンドが好みそうなフォークロック的展開が沁みてきます。
      といいつつ、USのラバーソウルは実家に置きっぱなしで手元にはレコはありません(。-_-。)

      返信する
    • ただ単に曲を減らしたのではなく、いろんな戦略が見えてきますね😲

      返信する
    • File

      Naokeith

      2021/6/6

      多分キャピトルはそこまで考えていなさそうwですが、これはこれで極上のフォークロックアルバムだと思います!

      返信する
    • 👍

      返信する
    • File

      利右衛門

      2021/6/6

      >@Naokeith さん
      なるほど〜、今までフォークロックアルバムと思って聞いた事なかったです。
      確かにUS盤でHELPから臨時招集された曲を合わせてみると、
      そういう風に見えるかも🤔
      面白いですね!

      返信する
    • File

      Naokeith

      2021/6/6

      US盤はカスだと言ってしまうのは簡単なんだけど、やっぱりその国でこのアルバムを聴いて何かが始まっている。と、思うとこれもまた愛おしいもんです☆で、バーズ辺りと並べて聴けてしまうマジック。侮れません☆

      返信する
  • File

    MATHEW STREET 1962

    2021/6/6 - 編集済み

    ステレオ盤の"I'M LOOKING THROUGH YOU"イントロのとちりは有名ですね。

    返信する
    • このとちりの部分かっこいいです。

      返信する