映画 時計じかけのオレンジ

0

この映画、すごく良いんでしょ?
でも、俺は一度も観たことがないんです。。。ごめんなさい。観たいんですけど観られてないんです。
ただチラシを見て、直感的に「良い!」となって入手しているんですな。

この作品、面白いって聞くから観ないといけないんだけど、
ついついAmazonプライムでドキュメンタルやら「有田と週刊プロレスと」やら観ちゃうんだよなあ。

スモール・ソルジャーズも見直したいし笑

Default
  • File

    さるら。

    2019/5/11

    この作品を「すごく良い!」と思えるかどうかは、観た人の嗜好や感性に大きく左右されるかと思います。
    ボクは諸手を挙げて「すごく良い!」なんですが、周囲には「何が良いかわからない」という人も結構いますねー。
    万人受けする作品ではないのは確かです。

    フォローいただきありがとうございました(^^

    返信する
    • File

      WAW1453

      2019/5/11

      こんにちは!
      貴重なご意見ありがとうございますm(_ _)m

      周囲には称賛の声が多かったのですが、それは偶然が重なっただけなのかもしれませんね。
      なるほど……相当癖のある映画なんでしょうか^^;

      映画音痴な私がどう捉えるか、自分で気になり始めたので観てみようと思います♪

      返信する
    • File

      さるら。

      2019/5/11

      ぜひ観賞になられて、自身で判断してみてください(^^
      どちらにせよ、一見の価値はあると思います!

      返信する
    • File

      WAW1453

      2019/5/11

      個人的に大好きな北野武さんもベスト10に入れているので、
      ぜひ一度鑑賞してみたいと思います♪

      ありがとうございます!

      返信する
  • File

    woodstein

    2019/5/11

     作品自体はこれからご覧になるということなので、少し別の話を。このチラシは1979年上映時のもので、前年の『2001年宇宙の旅』のリバイバル上映をきっかけに起きた、ちょっとしたスタンリー・キューブリック監督のブームに乗っかったリバイバル公開のものでした。劇場の「銀座文化1」は、現在は「シネスイッチ銀座」と改称していますが、この当時は主に松竹映画の封切り上映をしていました。この頃、ワーナー配給映画はほとんど松竹(・東急)洋画系劇場で上映されていましたので、そんな関係もあり、このようなプログラムが組まれたのかもしれません。

    返信する
    • File

      WAW1453

      2019/5/12

      コメントありがとうございます!
      キューブリック監督ブームがあったんですね♪
      恥ずかしながら自分はシャイニングしか観てなくて。

      リバイバル公開っていうのも今じゃあんまり聞きなじみがありませんね。それほど「改めてキューブリック監督作を見直そうじゃないか」みたいな空気があったんですかね? すごいです♪

      しかも、「銀座文化1」の移り変わりや上映の流れまでわかりやすくご説明いただき、ありがとうございます。松竹映画に洋画系劇場というのがあったのも知らなかったので勉強になりました♪

      返信する