MINOLTA NewMD 28mm f2.8

0

MINOLTA「MD」には3種類、所謂MD爪の付いたロッコール銘の1型、フロントリングに変更のあった2型、外観上諸々変更がありますが、ロッコール銘の無くなった所謂New MDと呼ばれる3型に分類されます。
更に同じMD2型でも口径違い等で分類できますし、重量やサイズで違いがあります。

ところが、このNewMD28mm f2.8には2種類
7群7枚の前期と5群5枚の後期が存在します。
大きさ、重さ、すべて同じスペックなので区別がつきません。
ネット情報ではフロント銘板に差異があるとの情報がありますが、真偽不明なので、分解して確認するしか手段が無いようです。

たまたま程度の良いものを安価で入手し、少チリのみでカビ等は見受けられないので、わざわざ分類のために分解するつもりはありません。

7群7枚、若しくは5群5枚
φ49 最短撮影距離0.3m
185g 1981年〜

NewMDはパープルとシナバーのコーティングが特徴ですが、購入したレンズは緑と青のコーティングが認められます。

https://twitter.com/unknown001z/status/1515823549621145605?t=OfSlFGNb3epEAPADmVdzgg&s=19

Default
  • Default

    gs151h

    2022/5/1 - 編集済み

    初めまして。以前、New MD 28mm F2.8の前期後期、両方持っていました。
    見分け方はシリアルナンバーで、「8」から始まるのが前期型、「9」から始まるのが後期型のようです。
    写りの違いは私にはわからず、後期型の方は手放してしまいました。

    返信する
    • ありがとうございます!

      私の所持しているのは「8」から始まるので前期型になりますね

      返信する