週刊ヤングジャンプ特別編集 ぜんぶスター・ウォーズ 中子真治・監修

0

 1983年8月5日発行。日付からもわかるとおり、「ジェダイの復讐」公開真っ盛りの出版、それなのに結末まであらすじが記載されているのはいかがなものかとも思いましたが、まあ要するにもう観た人だけ読みなさい、ということだったのでしょう。それはともかく、その時期に刊行されたにしては意外と内容豊富、写真も豊富で、入手当時は結構お得感がありました。というのも、現在では一部で黒歴史扱いされている『STAWWARS HOLIDAY SPECIAL』の紹介も2ページですが写真入りで掲載されているからで、存在は知っていてもこの作品に関する情報に、この当時はほとんど触れることがなかったので、興味深かったですね。
#スター・ウォーズ #ジェダイの復讐 #スター・ウォーズホリデースペシャル #中子真治

Default
  • File

    ace

    2019/2/26

    中子さんだ!( ゚д゚)

    返信する
    • File

      woodstein

      2019/2/27

       aceさん、コメントありがとうございます。どうも、中子真治氏は私が想像している以上に、SF映画ファンにとっては特別な存在のようで、aceさんの琴線に触れるところがあったのでしょうね。少し、中子氏に対する認識が改まりました。

      返信する
    • File

      ace

      2019/2/27

      こんな本を読み耽ってました😁

      File
      返信する
  • Animals 16

    Jason1208

    2019/2/26

    中子真治さんは当時、SFXという言葉を造語した方で、ヤングジャンプでも画像のような特集を担当してましたね。

    File
    返信する
    • File

      woodstein

      2019/2/27

       Jason1208さん、コメントありがとうございます。週刊ヤングジャンプはこの頃(80年代前半)から映画に関する特集にも意欲的で、試写会などの企画もよく実施され、私も何回か行ったことがあります。「ダーク・クリスタル」の特集があったことも覚えています、内容は忘れてしまいましたが。この映画に関しては機会があれば(おそらくサントラ盤の紹介等で)、コメントしたいと思っています。

      返信する
  • Lion

    toy ambulance

    2019/3/12

    我が家に「超SF映画」という中子さんの本があったのですが、現在、所在不明になってます。

    返信する
    • File

      woodstein

      2019/3/13

       toy ambulanceさん、コメントありがとうございます。これだけ複数の方々から中子真治氏に関するコメントを頂けたのは正直意外でして、このSF映画、若しくはSFXの分野での氏の影響力を改めて認識させられました。

      返信する
  • File

    Jpjr1970

    2021/11/21 - 編集済み

    スターウォーズの1番最初のが公開された時の雑誌とかチョコ菓子のオマケのとか集めてました😊探せば有るかなぁ〜 3年に1本とかの割合でシリーズ化って話題だったのは衝撃的でした😊 スターウォーズの模造版も何種類かあったり日本版もあったり…兎に角凄いブームでしたね 真面目に全部を一から作ると3年かかるんだって納得して何作か過ぎてバックトゥザフューチャーの撮影の上手さはアイディアだなぁ〜なんて思いましたね(バックトゥザのコンビの抱きしめたいのビートルズネタの映画もアイディアが凄かったです。ビートルズ役の人の足だけとか…モニターでビートルズ本物を映して役者さんは遠目に配置とか…後年にデジタルリマスターされた時は似てねえじゃんってツッコミ入れてしまいましたが笑)
    映画ってデータの撮り溜めって大事なんですよね😊 スターウォーズは役者さんの経年劣化が途中で悲しくなりました…

    返信する
    • File

      woodstein

      2021/11/22

       uncle.ankle.mbeさん、コメント有難うございます。『スター・ウォーズ』第一作の公開は昭和53年の夏でしたが、仰るとおり関連商品が数多く見られたのを覚えています。ただ、それらとは幸か不幸か縁がなく、その頃入手したのは『スター・ウォーズ』サントラ盤のカセットテープで、何回も聴きましたね。役者の経年劣化ということですが、ハリソン・フォードはその後も持続的に俳優業をすることができたのに対し、あとの二人は『フォースの覚醒』撮影までにいろいろあり過ぎて、「経年」というよりも単なる「劣化」でした。
       『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のコンビは、本当にアイデアの宝庫でした。映画『抱しめたい』についても触れられていましたが、この作品についてはいずれ別の機会に語ってみたいですね。ビートルズに関することは私なぞが触れるのは不遜ですから控えますが、例えばナンシー・アレンについてはいろいろ言いたい。

      返信する
    • File

      Jpjr1970

      2021/11/22

      抱きしめたいが日本公開された頃が確か中1だったかな…そんな世代なんです😊

      返信する