輸入盤CD読本

0

 1996年8月1日発行。クラシックCDの輸入盤を入手する際に抑えておきたい知識を紹介するという趣旨の書籍で、その内容の半分以上が海外レーベル・ガイドを270に亘っての紹介に充てられています。あと、執筆陣のお勧めCDを紹介するコーナーもありますが、まあはっきり言って蛇足です。270も掲載されていればそれなりに事典的機能を持つわけで、そういう意味では手元に置いてもいいと思える内容でしたが、ではこれを利用して新たなレーベルの開拓をするか、というと、国内で入手できる外盤には限りがありますので、本書の発売当時は何か絵に描いた餅のような感慨を抱いていました。もっとも、現在ならばもう少し幅広く様々なCDを入手しやすくなったのかな。まあ、状況は移り変わりますので、このような趣旨の書籍は定期的に発刊するのが理想ですが、そうもいかないのでしょうね。
#クラシック音楽 

Default