ミステリーゾーン(The Twilight Zone/トワイライト・ゾーン)VOL.1

0

 『ミステリーゾーン』自体は、1980年代の中頃くらいだったか、深夜に昔のアメリカのドラマを再放送する枠があり、そこで放映されていました。深夜放送ですからなかなかリアルタイムで観ることができず、録画して何話かは観ることができたのですが、その中にレッドフォードが出演しているエピソード『死神の訪れ』がありました。
 ストーリーは、死神に命を狙われていると思い込んでいる老婆が主人公。倒壊寸前の古くて汚いアパートに住んでいて立退きを迫られているが、この老婆は訪ねてくる人を皆、死神と思い込んで家の中に誰も入れようとしない。しかし、家の前で警官が銃で撃たれてしまい、ついに家の中に入れてしまうのだが、その警官は老婆には見えても それ以外の者には見えない存在。すなわち、その警官こそが死神(ミスター・デス)だった…。この警官=死神役をレッドフォードが演じていたのですが、まだ下積みの若手俳優、という感じが濃厚で、なんとも評価のしようがないですかね。
 本アイテムは、大手CDショップでのDVD格安ワゴンセールで見つけたもので、たまたまこのエピソードが収録されていましたので、勢いで購入してしまいました。
#DVD #ロバート・レッドフォード #ミステリーゾーン #トワイライト・ゾーン #死神の訪れ #グラディス・クーパー 

Default
  • File

    nonstop24hours

    2019/7/27

    Huluかアマゾンプライムとかで見たような気が?します。1話完結のシリーズモノだったような?

    返信する
    • File

      woodstein

      2019/7/28

       nonstop24hoursさん、コメント有難うございます。仰るとおり、1話完結のシリーズものでした。動画配信サービスの件はよくわかりません。まあ、ミステリーゾーンに限らず、昔のアメリカドラマを網羅的に配信してくれるサービスがあればいいとは思っているのですが…。

      返信する
  • File

    8823hayabusa

    2019/7/27

    ミステリーゾーンは大好きで、モノクロのは全話、カラーのも幾つか揃えました。

    レッドフォードが話はVHSソフト時代から秀逸した話(死神が数話出る話はどれも【生死感】について考えさせられます)ですよね。

    画像2,3枚目の【遠来の客】の初老の婦人は、【奥さまは魔女】のサマンサのママ(魔女)の方だそうで。

    その他サマンサのE.モンゴメリーやダーリンのD.ヨーク、コロンボ役のピーターフォークやらチャールスブロンソン他が無名の役者で出ていて、なかなか新鮮な驚きです♪

    返信する
    • File

      woodstein

      2019/7/28

       8823hayabusaさん、コメント有難うございます。「遠来の客」に登場する初老の婦人を演じたのはアグネス・ムーアヘッドで、映画『市民ケーン』でチャールズ・フォスター・ケーンの母親役でスクリーンデビューしたこの女優が、後になって『奥さまは魔女』でサマンサの母親の魔女を演じた、というのを『市民ケーン』のリバイバル公開の際に知りました。昔の映画やテレビドラマを観ていると、たまに、現在では大御所になっている俳優がこんな小さな脇役を演じていた、というのを認識することがあり、これも昔の作品を観る楽しみの一つになっています。

      返信する
  • File

    オマハルゲ

    2019/7/28

    自分は分冊百科で揃えようと思い、ミュージアムにも展示してますが途中で挫折してしまい、後半の話が欠けた状態です。
    「狂った太陽」「奇妙な奈落」「廃墟」etc…傑作エピソードが多いミステリーゾーン、是非とも可能ならば出来るだけ多くの話を視聴されるのをおススメします。

    返信する
    • File

      woodstein

      2019/7/28

       omaharuge102さん、コメント有難うございます。いわゆる分冊百科ですか、それを全うするのはなかなか難しいですね。購入資金のこと、先の予定が見えにくいこと、そして何よりも興味を持続させることが大変ですね。ですので、私はこの手のものには手を出さないようにしています。
       あと、ミステリーゾーンのお薦め作品を挙げて頂き有難うございます。なかなか見る手段に乏しいので、それこそこの手の動画配信サービスがあればいいと思っているのですが…。スミマセン、上のコメントと被った内容になってしまいました。

      返信する
    • File

      オマハルゲ

      2019/7/28

      もう一点、吹き替えでは後に悪役や性格俳優で有名になる方々が担当されてる回も多いです。
      金子信雄、天津敏、織本順吉、果ては「男はつらいよ」のタコ社長太宰久雄まで、「この人が吹き替えをやってたのか」と驚きました。

      返信する
  • File

    The Power of Oyaji

    2019/7/28

    子供頃よく見ました。
    強烈なインパクト有りました。(怖かった!!)

    映画(リメイク)でジョージミラーが監督した話が好きです。
    https://youtu.be/d4HjDc44_VQ

    ウルトラシリーズの原点ですね!

    返信する
    • File

      woodstein

      2019/7/28

       The Power of Oyajiさん、コメント有難うございます。俎上に載せられたのは1984年に公開された『トワイライトゾーン/超次元の体験』の第4エピソード「2万フィートの戦慄」ですね。確かに怖い作品でしたが、見た目に最も怖かったのは主人公のジョン・リスゴーだったというのを覚えています。ちなみにこの作品、サントラに関していろいろな話があるのですが、それはこの映画のサントラ盤を展示するときに語りたいと思っています。

      返信する
  • Horse

    Jawacollection

    2020/3/27

    私もレッドフォード大好きなんです。
    映画はもれなく知っているはずですが、トワイライトゾーンに出てたのは知りませんでした。しかもソフトあり。
    貴重な情報ありがとうございます。

    返信する
    • File

      woodstein

      2020/3/27

       Jawacollectionさん、コメント有難うございます。レッドフォードのファンの方には何人かお会いしたことがありますが、悉く女性、平たく言うとオバサマばかりでしたので、おそらく私とは同年配であろうJawacollectionのような方の存在を認識できただけでも有難いです。また、レッドフォードの映画出演作は把握なさっているとのことですが、私自身は『雨のニューオリンズ』より前の作品はタイトルしか知りません。あと、レッドフォードは下積み時代には本展示アイテム収録作以外にもテレビドラマにゲスト出演していたようで、割と有名なのはロバート・スタックがエリオット・ネスを演じた『アンタッチャブル』への出演ですかね。どのエピソードかはわかりませんが、吹替が山田康雄氏だったそうです。

      返信する
    • Horse

      Jawacollection

      2020/3/28

      ご返事ありがとうございます。
      レッドフォードのソフトはそれでも出ている方ですよね。
      私は遠すぎた橋のスチールで惚れ込みました。好きな作品は白銀のレーサーです。
      チラシコレクターもやっていてなかなか苦戦してます。でも311の後古いアイテムが現れ出し時々掘り出し物に出くわします。後悔は一度だけ見た大阪番の雨のニューオリンズです。パンフレットの柄でした…

      返信する
  • Picture

    Nobuaki Sugiura

    2022/6/7 - 編集済み

    中学生の頃TVで放送されていた「ミステリー・ゾーン」「アウト・オブ・リミッツ」「ダーク・サイド?」「ヒッチ・コック・劇場」怖いけど好きで見てました。有名になった女優が災害(事故)を予知し、自分を育ててくれた人々を救うため大きなピクニックを計画する。市民はこのピクニックへの参加で助かるが、女優は飛行機事故で亡くなるというストーリーだったと思いますが…。そんなのありましたか?

    返信する
    • File

      woodstein

      2022/6/14

       Nobuaki Sugiuraさん、コメント有難うございます。返事が遅くなり申し訳ありません。コメントを読ませて戴き、私なりに調べてみたのですが、どうしてもお探しのストーリーのドラマのエピソードを見つけることができませんでした。己の力不足を改めて実感するばかりでことで、言葉がありません。この件は気長に探し続けるということで、とりあえずの返答とさせて戴きます。

      返信する
    • Picture

      Nobuaki Sugiura

      2022/6/14

      気に留めて頂きありがとうございます。woodsteinさんの膨大なコレクション。きっちり整理して収納されているんでしょうね。

      返信する