DVD「おかしなおかしな大追跡 特別編」

0

 内容やその周辺に関することは、おそらくこの作品について別に語る機会もあるでしょうから、ここではこぼれ話的話題をいくつか。
 まず、「おかしなおかしな」という語句が付せられた邦題の作品ですが、
・1972年『おかしなおかしな大追跡』(What's up Doc?)
・1973年『おかしなおかしな大泥棒』(The Thief Who Came to Dinner)
・1974年『おかしなおかしな大冒険』(Le Magnifique)
・1974年『おかしなおかしな高校教師』(La Moutarde me monte au nez!)
・1981年『おかしなおかしな石器人』(Caveman)
・1987年『おかしなおかしな成金大作戦』(Million Dollar Mystery)
・1988年『ロブ・ロウのおかしなおかしな探偵物語』(Illegally Yours)
・1992年『おかしなおかしな訪問者』(Les Visiteurs)
などの作品があります。あと、これ以外に本展示アイテム収録作と同様、バーブラ・ストライサンド主演の『またまたおかしな大追跡』(1974年 For Pete's Sake)という作品もありますが、続編ではありません。この「おかしなおかしな」というのをおそらく最初に付したのは、1963年の『おかしな、おかしな、おかしな世界』なのですが、原題は「It's a mad,mad,mad,mad world」、つまりほぼ直訳の邦題だったわけです。それに対し、他の「おかしなおかしな」の邦題作品の原題には「おかしな」に結びつく要素はありません。基本的にはコメディ映画ではありますが、『おかしなおかしな大泥棒』などはちょっとコメディとは言い難く、「おかしなおかしな」と付けるのが適切なのか、と思わざるを得ないものもあります。まあ、上記の8作品のうち4作品は1972~4年に集中していることをみても、この時期にちょっとトリッキーなこのフレーズが流行り、だんだん廃れ、1992年を最後に使用されなくなった、ということなのでしょうね。
 さて、本展示アイテムには「バーブラ・ストライサンドによるシーン解説」や「メイキング」などの映像特典が収録されています。特に後者には、ピーター・ボグダノヴィッチ監督の演出風景が映されているのですが、ライアン・オニールを相手に、自身がバーブラ・ストライサンドの役の動作を演じていて、その気になっているボグダノヴィッチに対し、オニールの表情がやや引きつっているように見えたのが愉快でした。因みに、この模様の一部は添付動画のトレーラーにも収録されています。
https://www.youtube.com/watch?v=HejpRrOWIRc
#DVD #おかしなおかしな大追跡 #ピーター・ボグダノヴィッチ #バック・ヘンリー #デイヴィッド・ニューマン #ロバート・ベントン #アーティ・バトラー #バーブラ・ストライサンド #ライアン・オニール #ケネス・マース #オースティン・ペンドルトン #マデリーン・カーン #マイケル・マーフィー 

Default