DVD「白い恋人たち〈アテネからグルノーブルへ~13日の冬の祭典〉」

0

 まずはどうでもいい話から。本文の作成に際し、amazonの『白い恋人たち』の販売ページを覗いたのですが、本品や再発のDVD、Blu-rayのそれぞれにとんでもないオレ様価格が設定されていました。個人的には「それほどのモノか?」という疑念もあるのですが、私の想像を超えたところで、この映画には意外な人気が存在しているのかもしれません。あとこの映画については、フランシス・レイ作のテーマ曲があまりにも有名ですが、これに関してはサントラ盤CDの展示の機会があれば、その際に語ってみたいと思います。
 本展示アイテム収録作を最初に観たのは、岩波神保町ビル内の岩波ホールとは別のフロアの『岩波シネサロン』での上映会で、1980年頃のことでしたが、劇場の類いで本作を観る機会はこれ以外には殆どなく、今となっては貴重な体験でした。ただ、作品を楽しめたのかというと、劇場でドキュメンタリー映画を観るというのが初めてで、どのように作品に臨んだらいいのかが見当がつかず、何となく消化不良な心持でした。そして、次に観たのはレンタルビデオで、だったかな。当然のことながら、最初とは異なる感想を持ちました。
 原題は「13JOURS EN FRANCE」、フランスの13日間ということで、現在は開催日数が17日ですから、それより短かったわけですが、そのせいか何となく儚さが感じ取れました。それに対し、本文を作成しているのは2022年3月、つまり直近にいろいろと物議を醸した北京冬季五輪が開催されたのですが、そのテレビ中継から最も感じ取れたのは参加国の威信のぶつかり合いだったかな。本展示アイテムの表題の副題にある「祭典」の要素があまり伝わってこなかったような気がしました。つまり、副題のとおり、1968年のグルノーブル冬季五輪はもちろん競技は行われたものの、外国から集った選手・関係者や地元の人々による「祭り」の要素が本作からは感じ取られたわけです。祭りとは所詮終わりのある儚いもの、そんなことをある種の詩情をもって観客に伝える、という意図がクロード・ルルーシュ監督にあったかどうかは不明ですが、結果的にはそのような出来になっていますかね。
 ということで、今回展示の本アイテム、実は未開封品です。今回の展示・登録に際し開封して作品をもう一度観返そうとも思ったのですが、偶然にも本編がほぼ収録されている動画が見つかりましたので、そのままにしておきました。
https://www.youtube.com/watch?v=bW85sRlPaVI
#DVD #白い恋人たち #第10回オリンピック冬季大会 #グルノーブル #フランシス・レイ #クロード・ルルーシュ #ドキュメンタリー映画 

Default