Ticket to ride Carpenters

0

1969年発表の1stアルバム。元々は「Offering」というタイトルでカバーも全く異なっていたが、後に「遙かなる影」の大ヒットを受けて大幅に変更した。これはリチャードの希望だったと言われている。
プロデビュー前にはジャズトリオを結成していただけあって、いわゆる“カーペンターズサウンド“とは少々異なるテイストだった為か私は中学生の頃にはあまり好きになれなかったアルバムだが、ある程度年齢を重ねてから改めて聴くと昔とは印象が全く違って驚いた覚えがある。
それにしてもこの時、カレンは19歳、リチャード23歳。この若さでこのヴォーカルとアレンジは凄いとしか言えない。

Default