週刊ファイト 1982年9月14日号

0

『タイガーマスクMSG決戦追跡ルポ速報』が掲載されています。

記事では、この試合を「日本で見せた半分以下の内容」と辛口の評価がされています。
タイガー、キッドともに、「最も印象に残っている試合」と口をそろえて語っている一戦ですが・・・。

しかし記事は、NYファンに与えた衝撃の大きさに触れ、「今後ベストファイトをどんどん出していけば、一体どうなることか」と結んでいます。

https://muuseo.com/yukio/items/2?theme_id=20092

https://muuseo.com/yukio/items/15?theme_id=27378

https://muuseo.com/yukio/items/278?theme_id=28636

MSG伝説
実使用マスク 使用記録 / 2019年7月27日 【初代タイガーマスク×ドクトル・ルチャのRememberトークショー&サイン会 in大阪】に於いて使用 裏側 / 『毘』『闘神』日付 サイン入り このモデルは82年8月30日 ニューヨーク マジソン・スクウェア・ガーデンに初登場となった試合で使用されたことから、この名で呼ばれています。 対戦相手はD・キッド。 世界の檜舞台で実現したその試合は、試合後にスタンディングオベーションが起きるほど、NYファンに大きな衝撃をあたえました。 このコレクションは2019年7月のTIGER ARTS 主催のトークショーで復刻、使用されたマスクの現物です。 画像7枚目がその時のショットです。 画像8枚目は着用写真に『毘』と日付入りサインをしていただいたものです。 https://muuseo.com/yukio/items/69 https://muuseo.com/yukio/items/15 https://muuseo.com/yukio/items/278 #2019年7月27日大阪イベント #1982年8月30日 #MSG
https://muuseo.com/yukio/items/2
’82.8.30 MSG大会パンフレット / サイン入り
82年8月30日、タイガーマスクは初めて世界の檜舞台マジソン・スクウェア・ガーデンのリングに立ちます。 対戦相手は宿敵D・キッド。WWFジュニアタイトルの防衛戦でした。 日本から直輸入となったこの一戦は、NYのプロレスファンにとって、万来のスタンディングオベーションが起きるほどの衝撃でした。 このコレクションは試合当日の大会プログラムです。 19年7月の大阪イベントで、表紙にご本人からサインをいただきました。 画像5枚目はMSG決戦を報じる当時の東京スポーツ紙面です。 https://muuseo.com/yukio/items/2 https://muuseo.com/yukio/items/278 https://muuseo.com/yukio/items/505 #1982年8月30日 #MSG #2019年7月27日大阪イベント
https://muuseo.com/yukio/items/15
東京スポーツ 1982年9月1日発行
82年8月30日 世界の檜舞台 MSG のマットにおける D・キッドとの激闘を報じる新聞誌面です。 以下、記事より抜粋  【いまだかつて、こんなプロレスをニューヨークっ子が目撃したことがあっただろうか。自由自在、変幻自在に飛び交うタイガー・マスク、全米マットに革命を起こす記念日になった8・30決戦のMS・Gマット(中略)初めてNYに登場した奇跡のレスラー、タイガー・マスクが再びMS・Gに"帰って"くるまで、ニューヨークっ子は、その余韻に酔うだろう。】 この夜、タイガーが世界に与えた衝撃と興奮が伝わってきます。 https://muuseo.com/yukio/items/2 https://muuseo.com/yukio/items/15 https://muuseo.com/home?sort=follow#!page-3 #1982年8月30日 #MSG #2019年7月27日大阪イベント
https://muuseo.com/yukio/items/278

Default