赤×金ハーフ

0

本人着用
裏側 / 座右の銘『義』『闘神』日付 サイン入り

83年7月7日大阪 寺西勇 戦。
試合後に乱入した小林邦昭選手により、この日の使用マスク『パルキー』はズタズタに引き裂かれました。
窮地に陥ったタイガーを救ったのが、この『赤×金ハーフ』モデルでした。観戦していた少年ファンから(栗栖正信選手を介して)投げ入れられたのは有名なエピソードです。
当時、この斬新なマスク姿のタイガーが、怒りを露わに小林選手らに立ち向かって行く姿に、TVの前で兄と2人大興奮したのを覚えています。

このコレクションは17年3月5日、TIGER ARTS主催大阪トークショーの第一部使用マスクと同モデルです。

画像8枚目は着用写真です。

https://muuseo.com/yukio/items/20

https://muuseo.com/yukio/items/4

https://muuseo.com/yukio/items/260

#2017年3月5日
#1983年7月7日

パルキー
実使用マスク 使用記録 / 2010年12月3日 【両国国技館 『Inoki Bon-Ba-Ye 2010』】に於いて使用 額裏側 / 『毘』の化身 縫い付けあり このモデルは1983年当時 伊藤ハムのウインナ―「パルキー」のCM出演時に着用していたことから、この名で呼ばれています。 額のマークがⅢマークとなった最初のモデルで、コスチュームも格闘技色の強い赤いパンタロンとなりました。 6月5日 ダイエー戸塚店でのイベントで初披露。 試合では6月12日(日本時間13日)メキシコ エル・トレオにおけるフィッシュマンとのWWF Jr. 王座決定戦から使用されました。 しかし、7月7日 大阪での寺西勇戦において、試合後に乱入した小林邦昭によりズタズタに引き裂かれた悲劇のマスクです。 このコレクションマスクは 2010年12月3日 両国大会の第5試合  初代タイガーマスク&U・ドラゴン   vs 藤波辰爾&紅白仮面 にて実際に使用されたマスクです。 また、『初代タイガーマスク アルティメットガイド』など複数の書籍にて、本モデルの解説の際に使われているマスクの現物でもあります。 https://muuseo.com/yukio/items/74 https://muuseo.com/yukio/items/156 https://muuseo.com/yukio/items/511?theme_id=20298 #1983年7月7日 #パルキー #2010年12月3日【両国国技館 『Inoki Bon-Ba-Ye 2010』】
https://muuseo.com/yukio/items/4

Default